スキルの不足を自覚しながらも転職をあきらめきれない方のためのサポートサイト

即戦力になれる人材とは

企業が求める即戦力とは基礎力の高い人材

基本的に転職者を受け入れている企業が要求する人材は、即戦力になりうる存在やそれに準ずるポテンシャルを見込める人材が主です。

普通スキルが不足している場合は、資格学校への通学によってスキルアップを図るのがスタンダートではありますが、スキルを埋め合わせるだけの実績の提示や、具体性を伴った成長性の提示、入社後のヴィジョンの明確化といった方法を組み合わせることで、期待値を向上させ、即戦力とまでは言わないまでも、短期間で戦力になるなり得る人材であると転職を希望する企業に思ってもらうことができれば、スキル不足でも転職の可能性はあります。

現状スキル不足でありながら、どうしても挑戦したい企業には、スキル不足を補うだけのポテンシャルを示しましょう。

別分野のスキルをアピールして基礎力を示す

繰り返しになりますが、企業側が転職希望者の能力を図る上での指標は即戦力性と経験です。

スキル不足のハンデを覆すためには、経験のアピールやポテンシャルのアピールといった、スキル以外のベクトルでのアピールが有効ですが、これら以外にも、専門性こそ低いものの仕事に応用可能な別分野のスキルをアピールする方法や、複数のスキルを複合的に扱うことで、不足しているスキルを補うことが可能であることをアピールする方法などが考えられますが、いずれもしっかりとした経験か余程の熱意に裏打ちされていなければ、十分なアピールとはなりにくいでしょう。

経験や熱意、他分野のスキルには、スキル不足を補い得る可能性こそあるものの、確実にスキル不足を補えるわけではないことは覚えておきましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ