スキルの不足を自覚しながらも転職をあきらめきれない方のためのサポートサイト

経験でスキル不足を補おう

経験を正しく使えるか否か

20代は例外ですが、転職者を受け入れる企業の大半は、転職者の資格の保持や性格といった点以上に、即戦力たりうる人材か否かの一点を重要視しています。

特に30代以降は、どこの企業でも不足しがちな管理職になり得る人材が特に重宝されやすい傾向にあり、個人の能力の高さや資格の有無よりも、管理職やプロジェクトリーダーとしての経験や成果の有無を重視して選考されることが多くなるのです。

転職の際に求められる能力が20代と30代以降では明確に異なり、20代以降の転職の難易度が上昇するのも、この区分を知らない転職希望者が、学生の頃や20代の頃と同じような就職活動を行っても評価されにくく、不採用となってしまうことから、転職全体の失敗率を上昇させている遠因の一つとなっているとも考えられます。

具体的なアピールと経験でスキルを補う

転職において重要なポイントの一つは、経験を伴ったアピールができるか否かです。
同じアピールであっても単なる自己分析や実態を伴わないやる気だけのアピールは転職にはほぼ役立ちません。

管理職やプロジェクトリーダーとしての実績、特に転職先の企業において想定されるケースに近いプロジェクトを探しておき、該当プロジェクトの内容と共に、管理した人員の人数並びに、運営期間についても可能な範囲で詳細にまとめあげることが重要となり、プロジェクトのディティールがしっかりしているほど、評価される傾向にあります。

転職先へのアピールのためには、就労経験をフル動員して具体的な実績を提示することで、スキル不足を補いうることを示すことが最も効果的であるといえるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ