スキルの不足を自覚しながらも転職をあきらめきれない方のためのサポートサイト

転職に際してのスキル不足を補う様々な手段

所持だけでスキル不足を補える資格の有無

一般に特定の分野への転職を考える場合、その分野で役立つ資格を持っているとスキル不足を補うために役立ちそうだと思われがちですが、実は資格の保持はさほど重視されません。

これは資格への評価は取得の難度が評価される傾向にあるためです。

もちろんその分野で働くための必須資格の場合は、一定の評価を得られるかもしれませんが、求人に複数名が応募していれば、前提条件として資格を保持しているであろうことから、必須資格といえども必ずしもアドバンテージになるとは限らないのです。

転職の際には、高難易度資格のような例外を除いて、基本的に資格の単純所持によってスキル不足を補うことはできないということを踏まえておくべきでしょう。

スキル不足を補える必須資格と高難易度資格

多くの場合、転職において資格の重要性はさほど高いものではありませんが、中には資格がスキル不足を補うに足る場合も存在します。

例えば、求人において資格保持者の優遇や優先を明示し、なおかつ求人への応募者の中で資格保持者が一人である場合や、資格の保持が前提条件であるにもかかわらず、資格保持者が一人しかいない場合がこれに当たります。

また、同じ資格であっても高難易度資格を保持している場合、資格取得の過程を含めてアピールできれば評価されますが、これは難関大学合格者が評価されるのと同様に、単に資格を保持しているからではなく、基本的なポテンシャルの高さが窺えるため評価される傾向にあるという事は把握しておかなければなりません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ