転職に必要なスキル不足を補う方法

スキルの不足を自覚しながらも転職をあきらめきれない方のためのサポートサイト

転職に際してのスキル不足を補う様々な手段

スキル不足を補うファクターとして資格に関する情報をまとめています。 資格の単純所持の無意味性と共に、必須資格や高難易度資格の有用性についても触れていますので、資格を生かし転職をお考えの方やスキル不足にお悩みの方は、是非、本項をご照覧ください。

経験でスキル不足を補おう

転職に際しての、経験によるスキル不足の補てんの可能性の有無についてまとめると共に、経験を利用した企業へのアピール方法の一部を提示したページです。 経験を生かした転職をお考えの方や、スキルの無い業種の企業への転職をお考えでしたらご一読ください。

即戦力になれる人材とは

このページでは、スキルを備えた即戦力たり得る人材と、スキル不足ながらも速やかな戦力化が望める人材に関して、企業での採用可能性をまとめ、他分野のスキルによる基礎力の高さを生かした採用の可能性を探っています。 企業が求める即戦力の人材にご興味がある方はご覧ください。

資格によるスキル不足の補い方

スキルが企業側の要求水準に満たない場合、その会社への転職は不可能だと思っていませんか?

確かに企業側は、スキルや経験を伴った即戦力を最優先に採用するのが最もスタンダートですが、中には例外もあります。

ひとまず三例ほどあげてみましょう。
一つ目の例は、経験のアピールに成功した例であり、この例ではスキル不足をプロジェクト運営の経験と実績によって補うことに成功し、企業側に採用されました。

二例目は、現実的かつ具体的な道筋をイメージした上で入社後のヴィジョンを明確に提示することによって熱意を示した例で、即戦力にはならずとも短期間での戦力化が見込まれて企業側に採用されています。

最後の例は、スキル不足を他分野のスキルによって補った例で、こちらの例においても、スキル不足を補い、早期の戦力化が期待できることが企業側に見込まれた結果とされています。

いずれの例においても共通している点は、採用する企業側に、準即戦力候補として見込まれるだけの実績や経験、熱意を示し、それを企業側が汲んだという点で、転職希望者の現状のスキル不足を差し引いても採用するだけの価値があると、企業側に思わせることに成功したことこそが、スキル不足でありながら採用を勝ち取ることができた大きな要因なのではないでしょうか。

確かに企業が転職者に求めるのは即戦力となり得る人材もしくは、管理職ないしプロジェクトリーダーとしてのプロジェクト運営能力を備えた人材が主ですが、それに抗するだけの将来性ないし実績を提示可能であれば、全く可能性が無い訳ではないことも知っておくべきです。